のぼりの生地について

当店では、商用のぼりとして最もよく利用されている生地「テトロンポンジ」にてお作りしております。
テトロンポンジは、ポリエステル製の生地で、のぼり旗や横断幕、のれんなどにも多用途に使用されています。発色がよく、しかもリーズナブルで、インクの浸透性も良いのが特長です。

テトロンポンジ ポリエステルの生地で、のぼり旗・横断幕、のれんなど多用途に使用されています。発色がよく、リーズナブルでインクの浸透も良いのでもっとも良く利用されています。 当社もこの素材を使用しています。






その他 のぼり旗に使用される生地

のぼり旗には様々な生地が使用されており、製作業者の方針や用途によって使い分けされています。
ここでは、一般に使用されているのぼり旗の生地について、その一部と特性を紹介します。

その他の生地につきましては、別途お見積もり等にてご対応致します。見積り依頼はこちら



天竺(てんじく)/綿

綿の平織り生地。インドが主な産地だったことからこの名前がつけられました。伸縮性があるのが特徴で、一般家庭の身の回り品にも広く使用されています。



金巾(かなきん)/綿

こちらも平織りで天竺と比較すると、薄手の生地です。一般的な旗やのぼり、のれんなどによく使用されます。



シャークスキン/綿

織り目がシャーク(鮫)のような肌触りで、ざらざらしていますが、柔らかい生地です。のれんなどに使用されています。



のぼり旗の仕立て方法について

のぼり旗のチチ縫製について 生地を適正サイズにカットし、竿(ポール)を通すループ状の「チチ」を付けます。 チチのテープ幅はおよそ30mmです。 上部に3ケ所、左右どちらか一方に5ケ所つきます。

三つ巻き縫製について 当社では生地の補強を目的にL字辺に三つ巻き縫製サービスを行っています。チチの付かない辺には、ほつれを防止するために、サービスで三つ巻き縫製をします。 仕上りサイズとして12mm~15mm程度小さくなります。ご了承下さい。

のぼり旗のご使用について


どうしても洗浄が必要な場合は、洗剤を薄めた水で手で押し洗いをするか汚れ部分だけを軽く揉み洗いする程度にして下さい。

のぼり旗の洗濯について のぼり旗(捺染)は顔料プリントのため、洗濯はご遠慮下さい。色落ち、生地の破損につながります。汚れが目立ってきたら新しいものに取り替えをお勧めします。新しく色鮮やかなのぼりは、お店のイメージアップにもつながります。 昇華プリントは、染料インクですので洗濯による色あせは少ないですが、生地の傷みは同様に発生しますのでご注意下さい。

のぼり旗の寿命について 一般的には、屋外で約3ヶ月程度とされています。(1.5~3ヶ月で褪色)昇華プリントのインクも近年では比較的色持ちが良く、3ヶ月~6ヶ月にわたりご使用が可能ですが、屋外環境では、雨風や埃、紫外線、温度など様々な外的要因があり一概に○ヶ月とは言い切れません。 長くご使用頂く為には、過酷な環境をさけるようにして下さい。もちろん生地自体の傷みもございます。