home トピック・のぼりについて のぼりの設置・取扱い

のぼりとは |  のぼりの設置について

のぼりの簡単な設置手順
まず、設置用のポールをご用意下さい。
ポールはポール本体と先端キャップ(回転頭)、横棒(かんざしとも言います)から構成され、 通常ご購入時にポールのパイプ内に横棒が収納されているため、すぐにご使用いただける状態になっています。
ポールを取扱う際はケガをしない様に軍手・手袋をつけて作業するようにして下さい。

その1.チチを通す
のぼりにはチチ(ポールを通すループ状のもの)が縫製され、ついています。
チチを指で広げ、ポール本体を通していきます。途中、ジョイント部分がございますので、引っ掛からないようにご注意下さい。

その2.横棒(かんざし)を通す
次に旗の上部のチチに横棒を通していきます。
横棒の先端はフックになっており、こちらに端のチチを引っ掛けて下さい。
横棒は、ポールの先端キャップを緩め、穴に差し込んで締めて固定して下さい。

その3.ポールの長さを調節する
ポールのジョイント部分を緩めて、長さを調節します。
通行人によく見えるように掲示する高さを調節して下さい。
無理に高くするとポールや立て台への負担が増しますのでご注意下さい。

その4.立て台(スタンド)に設置する
立て台は注水式、杭型などさまざまなタイプのものがございます。
それぞれの用途に合わせてご使用下さい。
注水式はポールを落とし込むタイプと、締め付けるタイプとに分かれます。

のぼりの効果的な設置方法
宣伝効果を最大限発揮させる設置方法のご紹介。御参考にどうぞ。
統一デザインで複数立てると効果絶大!
統一デザインの旗を多数並べて立てる事によって、店舗自体の統一感が生まれ、さらに 誘目性が格段にアップします! 複数本を並べて立てる時は、1本あたりの間隔を充分にとって 通行人の目線から旗が重ならないようにすると良いでしょう。
同じ色展開ののぼりを並べる
配色を同じにして統一感を出しつつ、違ったサービス・商品内容の掲示物を並べることによって 店舗の統一感を損なわず、 多品目・サービスの豊富さをアピールする事ができます。
内容を統一しつつ、異なる色を展開する
掲示内容レイアウト・文字を統一し、配色のみを複数パターン展開すると、 派手やか・華やかな雰囲気づくりができます。 年に一度のイベントやセールなどはこの手法もおすすめです。

設置の際のご注意点
設置について、下記のご注意点を充分にご配慮のうえご使用下さい。
安全を守る
のぼりは、強い風が吹くと、倒れたり飛ばされたりして大変危険です。 倒れた旗やポールが人・物に危害を及ぼすこともございます。 強風の時はご使用をお控え下さい。
設置スペースを充分に確保する
のぼりを立てる時は、周りをよく確認し、旗が回転しても人や物に干渉しない場所に設置して下さい。
交通の妨げにならないように
路上や、公共のスペースに設置しないようにしてください。 通行人の妨げになるばかりか、事故の原因にもなり得ます。 ご使用マナーを守って正しく設置しましょう。

洗濯について
のぼりは顔料プリントや昇華プリントのため、洗濯はご遠慮下さい。色落ち、生地の破損につながります。 汚れが目立ってきたら新しいものに取り替えをお勧めします。新しく色鮮やかなのぼりは、お店のイメージアップにもつながります。

のぼりの寿命
交換時期はご使用頂いての色あせ具合を見て、ご判断下さい。もちろん生地自体の傷みもございます。 一般的には、屋外で約3ヶ月程度とされています。(1.5~3ヶ月で褪色)インクジェット昇華プリントについても同程度になります。 屋外環境では、雨風や埃、紫外線、温度など様々な外的要因があり一概に○ヶ月とは言い切れません。 配色によっても長持ち度合いは変わってきます。※半年以上掲示してもほとんど色あせない場合もあります。 長くご使用頂く為には、過酷な環境をさけるようにして下さい。

枚数割引実施中

複数キーワードで絞り込み検索OK

   
営業日ご案内
June 2017年 6月
* * * * 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 *
July 2017年 7月
* * * * * * 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 * * * * *

20リットル大型

4mポール伸縮式

折れにくい強風用

文化社はFC GIFUを応援しています!

日本の安心ネット通販
株式会社文化社は、日本電子商取引事業振興財団に参加しています。